農園日記詳細|栃木【ほんざわ農園】のトマトは安心・安全で栄養がたっぷり入ったおいしいトマトです。

まとめ~就農1年目について~

2014年12月18日 木曜日

2014年就農1年目を振ります。

 

☆2013年4月1日~2014年3月31日まで丸1年間、株式会社誠和。にてトマト栽培の修業

(内容)大玉トマト ロックウール栽培 越冬長期作型 、 樽栽培の試験栽培

☆2014年4月1日より、実家に戻り露地栽培を始める

トマトを年1作で栽培する予定だったので、定植の8月までを露地栽培で繋ぐ

きゅうり、ピーマン、中玉トマト、ズッキーニを栽培

この時に、現在の販売先と契約を結ぶ

☆2014年8月10日より、ハウストマト栽培をスタート

8月10日~12日 定植 本葉4枚程度(pespココストレート苗)

9月中旬 ヨトウムシ発生、サビダニ発生、うどんこ病発生

9月28日 初収穫

11月中旬 疫病発生

11月18日 暖房初稼働 ※本当は、10月末には稼働したかったが、準備が間に合わなかった。

翌1月2日  収穫終了(約3ヶ月間) ※「疫病」蔓延のため、終了せざるをえなくなった。

 

途中終了の直接の原因は、疫病ですが、さまざまな要因で対応が後手に回ったことが大きな反省点です。

主な反省点は、

・暖房準備をはじめ、計画通りに準備できなかったこと。

・出荷にかかる工数が膨大で、栽培に支障をきたした。

・かといって他の販路がなかったため、全て後手後手に。

失敗をそのままにせず、2015年は、改善して一歩先に進みます。

スーパーや直売所などで売れる規格が見えてきたことは、良かったことです。

当初8店舗以上出荷していましたが、最終的には4店舗でほぼ同量売り切れるようになりました。

工数の削減と、出荷資材の統一でコストダウンできそうです。

販売単価も見えてきたので、収支の予測がより正確に行えると思います。

 

今年は、トマト栽培は失敗の年でしたが、多くを学んだ年でもありました。

みなさまには感謝しております。

2015年は、2月定植でスタートをきる予定です。

今後とも、「ほんざわ農園」をよろしくお願い致します。

 

 

back

050-3521-1450

Information

ほんざわ農園
〒320-0074
栃木県宇都宮市細谷町229-4

栃木県にある【ほんざわ農業】では太陽の恵みを受けたビタミン・ミネラルたっぷりのおいしいトマトを作っています。
通販にて販売しておりますので、お気軽にご利用下さい。

  • tel:050-3521-1450
  • MAILFORM

PAGE TOP